故意や過失があるか

不倫における慰謝料請求の条件として基本となってくるのが、故意や過失があったかどうかを判断することです。基本中の基本となってきますが、ケースによっては認められないことも出てきます。

故意であるかどうかでは、既婚者であったことを知っていたかどうかがひとつの焦点になってきます。知って肉体関係を持つようなことは、故意であると判断される条件となるからです。他にも、既婚者との浮気や不倫であるということに気が付いていた状況も、故意であるといえるでしょう。すでに関係は破綻していると勘違いして関係を持ったり続けたりしているようなときも、故意であると考えられます。

スマホ逆に相手が既婚であることに気が付かない条件は、請求することができない可能性が高まってしまうのが問題です。出会い系サイトで知り合ったとしても、相手が既婚であるかどうかは、すぐにはわかりません。こうした余地がない状況は、故意であるとは言えないでしょう。自由意志を持って肉体関係を持っていないということでは、過失にはならない状況です。双方に関して細かな意思の確認も必要になってくることから、相当な検証もしなければ、慰謝料は請求することはできないといえます。

次頁…権利の侵害