権利の侵害

おばさん権利を侵害されたことに対して、損害を請求することは正当なことです。不倫や浮気の場合にも、権利が侵害されているかどうかは、慰謝料請求の大事なポイントになってきます。権利の侵害がなければ、一切請求できない可能性も出てくるため、専門家とともに検討していく必要があるでしょう。

権利の侵害としては、浮気や不倫の結果、円満だった家庭が崩壊してしまったような例があります。これがきっかけで、離婚してしまうような状況は、権利を侵害されている典型例といっていいでしょう。本来であれば、浮気や不倫がなければ、自分は幸せだったのですから、その分の慰謝料を請求する権利も発生すると考えられます。仮に肉体関係がなかったとしても、夫婦の間に不信感が生まれ、関係が破たんしてしまうような状況も同様です。親密な関係にあって、結婚生活を続けられないほどの不信感を覚えるような状況は、権利を侵害していると考えられます。

逆に、夫婦の中が悪くなっており、すでに破たんしていたような状況では、浮気や不倫が関係を破たんさせたとは言えません。つまり、権利の侵害は起きていないといえます。判断が難しいところであり、時系列や内容の整理も必要になってくるからこそ、専門家と進めていかなければいけないところといえるでしょう。