権利の侵害

おばさん権利を侵害されたことに対して、損害を請求することは正当なことです。不倫や浮気の場合にも、権利が侵害されているかどうかは、慰謝料請求の大事なポイントになってきます。権利の侵害がなければ、一切請求できない可能性も出てくるため、専門家とともに検討していく必要があるでしょう。

権利の侵害としては、浮気や不倫の結果、円満だった家庭が崩壊してしまったような例があります。これがきっかけで、離婚してしまうような状況は、権利を侵害されている典型例といっていいでしょう。本来であれば、浮気や不倫がなければ、自分は幸せだったのですから、その分の慰謝料を請求する権利も発生すると考えられます。仮に肉体関係がなかったとしても、夫婦の間に不信感が生まれ、関係が破たんしてしまうような状況も同様です。親密な関係にあって、結婚生活を続けられないほどの不信感を覚えるような状況は、権利を侵害していると考えられます。

逆に、夫婦の中が悪くなっており、すでに破たんしていたような状況では、浮気や不倫が関係を破たんさせたとは言えません。つまり、権利の侵害は起きていないといえます。判断が難しいところであり、時系列や内容の整理も必要になってくるからこそ、専門家と進めていかなければいけないところといえるでしょう。

故意や過失があるか

不倫における慰謝料請求の条件として基本となってくるのが、故意や過失があったかどうかを判断することです。基本中の基本となってきますが、ケースによっては認められないことも出てきます。

故意であるかどうかでは、既婚者であったことを知っていたかどうかがひとつの焦点になってきます。知って肉体関係を持つようなことは、故意であると判断される条件となるからです。他にも、既婚者との浮気や不倫であるということに気が付いていた状況も、故意であるといえるでしょう。すでに関係は破綻していると勘違いして関係を持ったり続けたりしているようなときも、故意であると考えられます。

スマホ逆に相手が既婚であることに気が付かない条件は、請求することができない可能性が高まってしまうのが問題です。出会い系サイトで知り合ったとしても、相手が既婚であるかどうかは、すぐにはわかりません。こうした余地がない状況は、故意であるとは言えないでしょう。自由意志を持って肉体関係を持っていないということでは、過失にはならない状況です。双方に関して細かな意思の確認も必要になってくることから、相当な検証もしなければ、慰謝料は請求することはできないといえます。

次頁…権利の侵害

不倫における慰謝料

芸能界などでも、不倫の話は、多く取り上げられる話題です。日常的に起きる可能性があるだけではなく、大きなダメージを与えてしまう行為であることが、大きな注目を集めるところといえるでしょう。社会的にも倫理的にも問題の多い行為であり、これを機に離婚することも考えていくことにつながります。人生として考えても、大きなダメージにつながることは少なくありません。

枕慰謝料請求に関しても、話題に上がることが多いでしょう。それだけの損害を受けてしまうことになるため、請求をすることが考えられます。ですが、不倫と一口に言っても、どんな場合にでも請求することができるわけではないことを理解しておくことがポイントです。テレビなどでは、素の額ばかりが注目されますが、請求するには、条件が必要になってくることを忘れてはいけません。

条件としては、請求する以上、それだけの損害を受けたことが事実でなければいけないでしょう。浮気や不倫に関しても、故意や過失がなければ、認められることはありません。自分が請求したいと思っている場合には、条件を満たしているのかを考えていかなければいけませんが、容易に判断できることではないことがわかるはずです。弁護士を入れて交渉を進めたりするのも、素人でははっきりとした判断が難しくなるからということになるでしょう。交渉するとしても、相手もそれなりに構えるからです。本当に請求できるかどうか、一度判断してみることも必要になるため、情報として参考にしてみてはいかがでしょうか。

次頁…故意や過失があるか